施工例
HOME > 施工例 > 東住吉区のS邸

東住吉区のS邸

S様の要望

耐震性に不安をもっておられ、有効な耐震補強を望まれていました。他で耐震診断を受けられましたが、補強が出来ないと言われ困っておられました。現状を残して予算を抑える方法を希望されていました。

プラン決定のポイントと工夫

東住吉区のS邸
玄関壁の上部に階段用の窓があり、耐力壁ではありませんでした。開口部を塞ぎステンレスブレースと構造用合板による補強を行ないました。

東住吉区のS邸
間口が狭く、奥行きのある町屋の建物です。道路側は玄関と出窓で開口部のみで、建物の奥側も開口部が多く、有効な耐力壁がほとんどありません。そのため、その方向を補強することが必要でしたが、通常の筋交いや構造用合板を使っての補強は開口部を塞いでしまい、短手方向にしか窓がありませんので、採光が妨げられてしまいます。開口部を塞がないために、窓をそのままに、室内側にステンレスブレースを取り付ける補強方法にしました。

上部構造の評価

現況
東住吉区のS邸 現況

補強後
東住吉区のS邸 補強後

上部構造評点


ご意見、ご感想として次のお言葉を戴きました。

他で見て頂いた時は、窓と玄関に壁が少ないので、補強ができないと言われました。テレビでLSOの番組を見て問い合わせた所、今回は窓に補強を入れて、補強することができました。耐震の事を分かりやすく説明して頂き安心しました。とても良かったです。
ありがとうございました。



LSO 人・家・街安全支援機構