予想される巨大地震
HOME > 予想される巨大地震

予想される巨大地震

地震大国日本

日本は世界でも有数の地震大国と言われ、世界で発生する地震の10〜15%が日本で発生しています。そしてマグニチュード6以上の巨大地震の発生は世界の20%にも達するのです。

なぜ日本に地震が多いのか

プレート

日本は、1年あたり数センチ程度の速度で水平運動を続けているプレートとプレートの境界に位置しています。プレートの境界付近では、岩盤がぶつかり合い、やがて岩盤のひずみが限界に達すると突然破壊します。これが地震発生の原因です。

陸のプレート

陸のプレートの先端部がひきずり込まれ、歪みます。地殻は圧縮され、沈降します。

津波の発生

歪がその限界に達したとき、陸のプレート先端部が跳ね上がり、プレート境界に沿って破壊が起こり、巨大な地震が起こります。

巨大地震の起きる可能性

政府特別機関である地震調査研究推進本部によると、30年以内にマグニチュード8程度の大きな海溝型地震が起こる可能性は以下のように報告されています(平成17年3月)。

巨大地震の起きる可能性

そして、私たちが考えなければならないのは、海溝型地震に伴って、都市の真下を震源とする直下型地震も必ず起きるということです。

1995年1月の兵庫県南部地震(M7.3、最大震度7)や2000年10月の鳥取県西部地震(M7.0、最大震度6強)、2004年10月の新潟県中越地震(M6.8、最大震度7)などがそれにあたり、活断層のひび割れによって起こります。

私たちにできること

この地震大国に住む以上、私たちが地震から免れることは不可能と言っても過言ではありません。 しかし、地震の「被害」を最小限に食い止めることはできるはずです。恐ろしい予測を見て見ぬふりをせず、大切な家を、家族の命を守るために、今できることをもう一度考えてみてください。





LSO 人・家・街安全支援機構