インスペクション

インスペクションとは

インスペクションとは、建物状況調査ともいい、中古住宅における品質・性能の劣化や建築後の維持管理や経年劣化の状況により、物件の品質の差が問題になっています。

そこで、既存住宅が資産となる「新たな住宅循環システム」を構築するため、建物状況調査(インスペクション)における人材育成等による検査の質の確保・向上等を進めています。
平成29年2月に創設した既存住宅状況調査技術者講習制度を通じて、既存住宅の調査の担い手となる技術者の育成を進めることにより、宅地建物取引業法の改正による建物状況調査(インスペクション)の活用促進や既存住宅売買瑕疵保険の活用等とあわせて、売主・買主が安心して取引できる市場環境を整備し、既存住宅流通市場の活性化を推進しています。

テキストは国土交通省『インスペクション(既存住宅の点検・調査)』ページより引用:要修正

インスペクションのメリット

引渡し後のトラブルを予防!
インスペクションの実施で売主様・買主様の双方が物件の現況をしっかりと理解した上で取引を行うことができ、引渡し後の不測のトラブルを予防できます。
売却時に他物件と差別化できます!
インスペクションが実施されている住宅として売り出しを行うことで、インスペクション未実施の物件との差別化が可能になります。
購入後のプランが立てやすくなります!
検査を行うことで、補修の必要箇所や劣化状況が分かるので、購入後のリフォームや今後のメンテナンス計画が立てやすくなります。
かし保証保険へ加入すれば更なる安心を実現!
既存住宅かし保証保険(最長5年)へ加入することにより、購入後の万が一の不具合発生への経済的な備え(1000万が上限)が可能になります。

※既存住宅かし保証保険の加入は、検査基準に適合していることが条件となります。

インスペクション+かし保証保険で税制優遇が受けられます!
既存住宅かし保証保険が付保された住宅であれば、築年数要件を満たしていない住宅であってもローン控除などの税制優遇を受けることができます。

※既存住宅かし保証保険の加入は、検査基準に適合していることが条件となります。
※ローン控除の適用については、他にも適用要件があります。

各テキストは公益社団法人全日本不動産協会(兵庫県本部)『インスペクションを実施するメリット』ページより引用:要修正

インスペクションの方法と検査項目

住宅の設計・施工等に詳しい建築士が、住宅の状況を第三者的かつ専門的な立場から住宅の状況等を調べます。検査は、目視・動作確認・計測を中心とする、非破壊の検査となり、検査項目は実に60項目以上に渡ります。(検査の所要時間は約2時間前後です)

テキストは公益社団法人全日本不動産協会(兵庫県本部)『 インスペクションの方法や検査項目について』ページより引用:要修正

インスペクションの方法

「土台・床組、基礎」調査の様子
「土台・床組、基礎」調査の様子
「小屋組・梁」調査の様子
「小屋組・梁」調査の様子
「外部(バルコニー)」調査の様子
「外部(バルコニー)」調査の様子
外部(外壁)」調査の様子
外部(外壁)」調査の様子
「基礎配筋」の調査機器
「基礎配筋」の調査機器
「床の傾きを計測する」調査機器
「床の傾きを計測する」調査機器

画像・テキストは国土交通省『不動産業課チラシ 建物状況調査を活用しませんか(買主用)』(PDF)より引用:要修正

戸建住宅において共通的に検査対象とすることが考えられる項目

国土交通省:既存住宅インスペクション・ガイドラインより
検査の観点 対象部位等 検査対象とする劣化事象等 検査方法
1 構造耐力上の安全性に問題がある可能性が高いもの 小屋組、柱・梁、床、土台・床組等の構造耐力上主要な部分
  • ・構造方式に応じ、木造にあっては蟻害・腐朽が、鉄構造にあっては腐食が、鉄筋コンクリート造にあっては基礎において検査対象とする劣化事象等が生じている状態
  • ・著しい欠損や接合不良等が生じている状態
目視、触診、打診、計測
床、壁、柱 6/1,000以上の傾斜が生じている状態(鉄筋コンクリート造その他これに類する構造を除く) 計測
基礎 コンクリートに幅0.5mm以上のひび割れ又は深さ20mm以上の欠損が生じている状態 ・鉄筋コンクリート造で鉄筋が腐食している可能性が高い状態(錆汁の発生)や腐食する可能性が高い状態(鉄筋の露出) 目視、計測
2 雨漏り・水漏れが発生している、又は発生する可能性が高いもの 外部 屋根、外壁
  • ・屋根葺き材や外壁材に雨漏りが生じる可能性が高い欠損やずれが生じている状態
  • ・シーリング材や防水層に雨漏りが生じる可能性が高い破断・欠損が生じている状態
目視
屋外に面したサッシ等
  • ・建具や建具まわりに雨漏りが生じる可能性が高い隙間や破損が生じている状態
  • ・シーリング材や防水層に雨漏りが生じる可能性が高い破断・欠損が生じている状態
目視
内部 小屋組、天井、内壁
  • ・雨漏り又は水漏れが生じている状態(雨漏り・漏水跡を確認)
目視
3 設備配管に日常生活上支障のある劣化等が生じているもの 給排水 給水管、給湯管
  • ・給水管の発錆による赤水が生じている状態
  • ・水漏れが生じている状態
目視、触診
(通水)
排水管
  • ・排水管が詰まっている状態(排水の滞留を確認)
  • ・水漏れが生じている状態
目視、触診
(通水)
換気 換気ダクト
  • ・換気ダクトが脱落し、又は接続不良により、換気不良となっている状態
目視

インスペクションのご相談・お申し込み